転職成功者インタビュー:Iさん(30代/男性)投資用不動産営業から外資系医療機器メーカー営業職へ転職成功

この記事を書いた人
光本愛子

短大卒業後、カナダ留学。帰国後旅行会社で営業、語学学校でカウンセラーに従事した後、外資系医療機器メーカーのボストン・サイエンティフィックジャパンへ入社。

入社後5年間、本社にてマーケティング及び営業アシスタントとして勤務した後、当時は女性営業が少ない中自ら営業職を希望し、ペリフェラルインターベンション(末梢血管内治療)事業部で7年間、営業として従事。

その後、美容医療機器企業勤務を経てジェイシーエルコンサルティングに入社。現在に至る。

光本愛子をフォローする

JCL Consultingがサポートさせて頂き転職に成功された皆様に、転職活動の経験を語って頂く転職成功者インタビュー。

今回は、投資用不動産の営業職から医療機器メーカー営業職へ転職成功されたIさんに光本がお話を伺いました。

 

光本:前職までのご経歴、業務内容を教えてください。

Iさん:大学卒業後8年間、営業職として全国の医師や高所得の会社員の方向けに投資不動産の販売をしておりました。

 

光本:転職を考えた理由は何だったのでしょうか?

Iさん:30歳を迎え、新しい業界にチャレンジできるのは今しかないと考えたのが理由です。

 

光本:何故 医療機器業界への転職を考えられましたか?

Iさん:間接的にではありますが患者さんの健康、ひいては人生に関われるという部分でやりがいがあると感じました。

また常に新しい知識を吸収していくことが必要とされるため、自己成長にも繋がると考えたからです。

 

 

光本:転職活動においては、転職サイト、人材紹介会社、人脈など、何をどのように利用しましたか?また、JCL Consultingを知ったきっかけや、エージェントとして選んだ理由を教えてください。

Iさん: 大手の転職サイトにいくつか登録し、その中の一つを通してJCLさんから連絡をいただきました。

やり取りをしていく中で、医療機器業界に関する情報提供や面接対策などにおいてスピーディーな対応をして頂き、信頼できると感じお任せするエージェントとして選びました。

 

光本:応募企業はどのような基準で選択しましたか?また、何社に応募し、選考結果はどうでしたか?

Iさん:初任地、会社や取り扱い分野の安定性・成長性等を考慮して応募企業を選びました。企業へは全部で7社へ応募しましたが、JCLさんからは4社応募し、うち3社内定を頂きました。

 

光本:最終的に入社企業に決めた理由は何だったのでしょうか?

Iさん:内定を頂いた企業はそれぞれ非常に魅力的で、会社の安定性・成長性や働くスタイル等、色々な軸で検討しましたが決めきれず、最終的にはオファーを頂いた収入面で選びました。

 

光本:JCLの転職サポートについてのご意見をお聞かせください。

Iさん:他社エージェントさんも書類作成サポートや、募集内容に関する情報提供はありましたが、詳細な面接対策などは得られませんでした。その点JCLさんは業界に特化しているので詳細な企業ごとの特徴や、ピンポイントな内容についての面接対策等を提供して頂き、非常に助かりました。

 

光本:同じような環境にいて転職を検討している方にアドバイスをするとしたら?

Iさん:転職を思い立ったら、スケジュールをすぐ決めて先ずは動いてみることが良いと思います。気になった企業に応募し面接をしていくなかで気づくことや、自身の気持ちの変化も多々あると思いますので。

逆に、何も動かずにいて、「転職するかしないか」を決めることは非常に難しいかなと思います。

  

光本:今後の抱負などあればお聞かせください。

Iさん: 新しいことに挑戦する時のワクワクした気持ちは、新卒で社会人になった時以来です。

自分らしく日々楽しみながら仕事をし、成長していければと思っています。

 

医療機器転職 TOPへ

転職サポート登録

登録前のご相談

タイトルとURLをコピーしました