KNOW–HOW

  1. トップ
  2. 転職ノウハウ
  3. 医療機器業界の転職ノウハウを生かした職務経歴書作成サポート

医療機器業界の転職ノウハウを生かした職務経歴書作成サポート

職務経歴書の重要性を認識していますか?

職務経歴書審査の第一段階である書類選考は、職務経歴書によって行われるのは言うまでもありません。職務経歴書はいわば「自分のプレゼンテーション資料」ですので、それが「わかりにくい」「曖昧」「読みづらい」となると書面上のコミュニケーション能力が低い、という判断をされてしまいます。またわかりやすく、読みやすくても、あまりに簡潔すぎるのも問題です。ご自身の経験年数に応じたボリューム、内容があることが望ましいといえます。

次の審査段階である面接において、面接官は職務経歴書から得た情報をもとに面談を行います。多くのケースで職務経歴書の内容を確認し、それに沿った質問をしていくことが面接の軸になります。よって自分のアピールポイントになる情報を職務経歴書によって事前に伝えておくことにより、それに関連した質問を受けて、答えることにより、面接の合否に良い影響を与えられるわけです。

また、通常面接は複数の候補者が応募しており、面接と職務経歴書で得た情報を総合的に判断し、合否が決定されます。面接官が多数の応募者と面談することにより、そして時間の経過により人物的な印象は薄れていきますが、職務経歴書の強さは落ちません。採用権限者が、同じような評価の人材の採用で迷っていた場合、職務経歴書を再度見直しながら考える事もあるでしょう。そのような場合、完成度の高い経歴書のほうが有利なのは言うまでもありません。

また、職務経歴書の作成においては、これまでの自分の経験・実績を棚卸しし、整理するという作業を行います。この作業をすることにより面接対策もスムーズに行えるようになります。

質の高い職務経歴書作成・修正サポートを提供します

職務経歴書しかし、多くの方々にとって中途採用面接はこれまで経験したことがないか、あっても数回、しかも数年前。。というのが現実だと思います。そういった方々のために、弊社では「面接対策サポート」を提供しております。 具体的には、これまでの経験、成功事例などを深掘りするところから始め、「何を、どのようにアピールするのか」を共に考えていきます。経験豊富なコンサルタントが、これまで蓄積したノウハウを皆様に惜しみなくお伝えいたします。 「面接のテクニック」も多少は存在しますが、大事なのは各企業の要求事項を理解して頂き、自己の経験、スキル等で強みと言える部分を有効に伝えられるようにすることです。昨今の医療機器業界の採用状況を見ていると、小手先のテクニックだけでは内定は勝ち取れませんし、テクニックに走りすぎるのは逆効果になるでしょう。特に若い方の中には、いわゆる面接の「攻略本」を盲目的に信用する方もいらっしゃいますが、面接では「他人より自分を際立たせる」のが目的です。判で押したような同じような回答では、面接を勝ち抜いていくことは難しくなります。しっかりとじぶんを見つめなおし、ポイントを決めてアピールしていく必要があります。 これまで、面接対策をサポートさせていただいた多くの方々が内定を獲得され、好評をいただいております。弊社のサービスの中でも、特徴的なものといえるでしょう。 以下に面接対策のプロセスをご紹介します。実際には、コンサルタントがサポートしながら進めて行きます。

職務経歴書作成の流れ

STEP1経歴スキルを洗い出す

職務経歴書を作成するには、まず自分の経験。スキルの棚卸をすることが必要です。 このプロセスを省略して完成版を作ろうとしても、内容の薄いものになってしまいます。まずは職歴に沿って、以下の項目別に内容を記述していきます。

  • 担当製品、顧客、社内顧客、関連した部署等
  • 業務内容、所属したチーム・プロジェクトの概要とその中で自分の果たした役割
  • 実績(期間、ボリューム等、インパクトをなるべく数字で明確化する)
  • 成功エピソード(実績に至るプロセスを明示することにより、自分の強みをアピールする)、社内表彰
  • 英語・PC等の実務スキル、社外での教育コースや大学・大学院の履修内容でプラス評価となるもの

POINT1なるべく細かく記述する

この段階では、「ここまで書かなくてもいいのでは」と思うくらい細かく書いてみてください。自分にとっては当たり前の情報でも、貴方を知らない面接官には重要な情報であったりすることが多くあります。 最初に細かく内容を記述して、あとで削っていくほうが良い経歴書ができます。 何を残して、何を削るかは非常に重要ですので、弊社コンサルタントがしっかりサポートさせて頂きます。

POINT2専門用語をなるべく避ける

特定の製品分野や業界で使用される専門用語・略語などはなるべく避けるか、注釈などを入れるなどしてわかりやすくします。相手は自分が以前いた業界に関しては素人かもしれません(おそらくそのほうが多いでしょう)。医療機器業界以外の経験(医療機器業界でも違う分野の場合)を記述するときは、特に注意しましょう。これは面接でも同じですが、相手の知識量を想像しながら進めていかなくてはなりません。業界の取引構造なども業界によってはかなり複雑で説明が難しいことがあります。まず相手にわかりやすく伝えることができるかチェックしておきましょう。

POINT3アピールポイントは成功エピソード、実績で語る

自己PRの部分で、「コミュニケーション能力がある」「目標達成意欲が高い」「粘り強い」等アピールしてはいるが、裏付けが全く経歴書の中に示されていない方がいらっしゃいます。自分のアピールポイントは、成功エピソードや実際の達成数字を利用しアピールするようにしましょう。

STEP2 エッセンスの抽出と経歴書への記入

次に、細部まで記述した、上記の経歴書から、エッセンスを抽出し、読みやすいレイアウトにします。

  • 応募ポジションの業務内容、取扱い製品、ポジションレベル、を理解し、それに類似する、 または応用できるこれまでの経験内容・スキルを特定する。逆に、関連性の薄いものは簡潔にするか削除する
  • 関連性の高い内容が強調されるように、順序を考えて記述し、レイアウトを調整する

POINT1簡潔に、わかりやすくアピールする

長い文章はできるだけ避け、繰り返しや不要な言葉は削除してください。あまり長い文章だと読んでもらえないと思ったほうがいでしょう。特に自己PRの部分が非常に長くなっている方が多いので注しましょう。 箇条書きを有効に使用し、読みやすいように心がけてください。

POINT2項目別にまとめて記述する

担当製品、業務内容、ポジションレベル等、項目を作成し、それぞれをある程度まとめて記述します。○○年(業務内容・実績・・・)○○年(業務内容・実績・・・)という形の履歴書は時として非常に読みにくくなります。

STEP3最終チェック

最後に、自分の作成した経歴書を面接官になったつもりでチェックします。書面から自分の業務内容や実績、強みが具体的にイメージできれば経歴書の完成です。

  • 自分の経歴書を自分の人柄、仕事ぶりを全く知らない他人の目で見る。
  • 伝えきれていない自分の強みや、読みにくい表現・レイアウトを修正する。

PAGETOP