HOME > 転職ノウハウ(業界未経験者) > 求人傾向と評価のポイント(未経験者)

医療機器営業(未経験者)の求人傾向と評価のポイント

医療機器の営業採用においては各社積極的に異業種から業界未経験者の採用を行っており、2019年現在でもその傾向は続いています。しかし、人手が足りないので要件を緩めて採用することはなく、書類、面接において志望動機、人物面、実績など様々な面からきっちりと評価されます。
なぜ医療機器業界で働きたいのか?をしっかり考え、自分のこれまでの経験を振り返り、強みを明確にし、しっかりとアピールしていくことが重要です。

医療機器営業の仕事内容とキャリアパス

医療機器営業の一般的な仕事内容

  • 顧客(医師、看護師、技師、病院事務長、病院長等)に対する、自社製品及び自社製品を使用した診断・治療方法の説明、情報提供等
  • 自社製品、それに関連した治療に関わる院内説明会、セミナー等の開催
  • マーケティングと協力した市場調査、研究会・学会関連業務
  • 地域販売戦略の策定と実行
  • 製品使用時の説明(立会い業務)、製品の発注指示、緊急対応等
  • 自社製品を納入する代理店との折衝、協力関係の構築

通常、自分の担当(エリアもしくは、いくつかの施設)を持ち、その売上目標を達成するべく営業活動を行います。
命に関わる治療に使用する製品も多いため、自分の販売する製品に関わる疾患、治療方法、手術手技などは勉強して十分な知識をつけなくてはいけません。
多くの会社には、未経験者に対する座学及びOJT(On the Job Training) を行う一連のトレーニングプログラムがあります。ここで、医療機器営業としての基礎を学ぶことができます。

基本的にはドクターや技師、看護師等の医療従事者に対し、自社製品や自社製品を使った手術の有用性、安全性を情報提供します。手術機器では、製品使用時の立会い業務などもあります。

プレッシャーも大きいですが、顧客である医師とともに患者様の治療に貢献する、ということに魅力を感じられる方であれば、非常にやりがいのある仕事になります。実際、医療機器業界で活躍されている方々は、根底にこの考えを強く持っているといえるでしょう。

医療機器営業の将来的なキャリアパス

まずは、製品知識と医療機器営業としての基本を身につけることが大切です。経験を重ね、実績を挙げるにつれ、大学病院や基幹病院等を担当するようになり、マーケティング部門と協力して行う仕事等も増えてきます。単に病院に行ってドクターに製品を説明する、情報を提供するというだけでなく、社内プロジェクトや研究会の立ち上げに携わったり、学会関係の仕事に関わったりと様々な業務を経験することになります。

上記のような経験を経て、実績を挙げ、営業としてのノウハウ・スキルを習得すると、リーダー、そしてマネジャーという次のステップへ進み、後輩、部下の指導をしながら、拡販ををしていきます。
会社によっては、部下のマネジメントを行うキャリアパスとは別に「営業スペシャリスト」としてのキャリアパスが用意されている会社もあります。また、英語が必要となるケースが多いですが、営業からマーケティングへ転身しキャリアを積んでいく方もいらっしゃいます。

医療機器業界「未経験者」の求人傾向と評価ポイント

求人傾向

2019年も引き続き、業界未経験者も対象にした若手営業職の求人が多く寄せられています。特に業界未経験者を教育する余裕があり、社内教育の体制が整った大手企業でこの傾向が強いのが特徴です。

業界未経験者に対しこれまで販売してきた製品を限定する求人は少ないですが、単価の安い商品というよりは、購入のハードルが高い製品を、顧客にメリットを訴求して購入して頂くというプロセスを経験をしている方が、好まれる傾向はあります。これから医療業界のビジネスを理解し、疾患・治療・製品知識を吸収していかないといけないため、素直で吸収力がある、将来性のある人物であるかどうかも見極められることになります。

また、これは営業として当たり前のことですが、目標達成意欲や、厳しい状況になっても困難を乗り越えるストレス耐性も非常に重要なポイントです。経験年数が短くても目標予算を達成しているか、どうやって達成したか?は言うまでもなく重要なポイントです。

また、「医療機器業界で働く意義」を強く感じているかも重要です。単に「医療機器は安定していそうだから」では、内定を獲得するのは非常に難しくなるでしょう。なぜ医療機器業界で働きたいのか?「医療機器営業という職業を通して患者様の治療、幸せに日々貢献できる」ことの意義や喜びを感じられるかどうか?今一度自分の中で確認してみてください。

評価ポイント

  • 仕事の進め方や、コミュニケーション能力、ストレス耐性等、社会人としての基礎的能力を身に付けているか?
  • 顧客や自社の置かれている状況を分析⇒クロージングまでのシナリオを描く⇒実行という流れで営業を行ってきたか?
  • PDCA(Plan→Do→Check→Action)のサイクルを実行し、自分の行動を評価し、改善しながら業務を行ってきたか?
  • 例えば差別化が難しい商品、広い担当エリアなど、営業として困難な状況において、自ら考え、工夫して成果を挙げてきたか?
  • 短い職務期間であっても、目標達成意欲を高く持ち、予算を達成してきたか?
  • 「医療機器営業として働くことの理由、意義、覚悟」を自分なりにしっかり持っているか?
  • 医療機器業界で働くのに必要な、倫理観、誠実さ、責任感を備えているか?

無料転職サポート登録

求人情報への応募、転職サポートサービスをご希望の方は、無料転職サポート登録を。

  • 登録フォーム
  • 登録フォーム
  • メールで登録
  • 登録前のご相談
Copyright (c) JCL Consulting All Rights Reserved.